美容医療・アンチエイジング医療

  美容医療の診療に関しては、大きく分けて、手術をする方法(美容外科)と手術をしない方法(美容皮膚科)の2つに分けられます。当科では、自費診療によりこれらの治療法を行っております。

 いろいろな治療法がありますので、費用などを含めたご質問などはお問合せください。(お電話でのお問合せは受け付けておりません)

 

 *受診の時には、健康保険証をお持ちください。

美容外科
(手術をする方法)

美容皮膚科
(手術をしない方法)

重瞼術、まぶたのタルミ修正
隆鼻術
フェイスリフト
豊胸術
脂肪吸引・除脂術

脂肪注入による顔面若返り術 

など

ピーリング

トレチノイン・ハイドロキノン漂泊療法
フィラー(コラーゲン・ヒアルロン酸注入)
ボツリヌストキシン(ボトックス・ビスタ®)注射    

など

 

 

ちょっとコーヒーブレイク

ご存知ですか?

その2: 形成外科と美容外科の関係

  形成外科=美容外科と思っていますか?実は、同じ(イコール)ではありません。 形成外科と美容外科のどちらも体表部分を扱います。目に見える部分ですので、できるだけ傷を目立たなくきれいに治療することを前提としています。このため、形成外科医が美容外科を扱うことは理にかなっています。

  一般に、形成外科は事故や病気によって失われた部分の再建や機能の回復を行います。それに対し、美容外科の対象は疾患ではありませんが、より良く・美しく外見を整えるという改善治療です。 この美しく外見を整えるということから、マスコミなどでは「美容整形」と言う言葉を目にしますが、私たちはあまり使いません。

 

美容外科の項目へ

美容皮膚科の項目へ

 

 

このページの最初に戻る

杏林大学医学部 形成外科・美容外科のトップページへ戻ります

形成外科についてのご説明

杏林の形成外科の特徴

受診にあたって

 

形成外科レジデント募集


杏林大学医学部
形成外科・美容外科

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL:0422-47-5511(代表)
FAX:0422-46-6138(医局)