乳がん術後再建術

【お知らせ】

乳房インプラント(シリコンジェル人工乳房、米国アラガン社製)は、2013年7月より乳がん切除後の乳房再建に健康保険が使えるようになりました。

詳しくは担当医にお訊ねください。 →乳房インプラントによる再建とは

 

 がんの切除には、がん細胞を残さないために周辺の組織や臓器をがん組織とともに切除する必要があります。このため、外科手術後の乳房には大きな傷跡や変形が残ります。  近年、乳房温存術の広まりによって乳房形態を損なわずに乳癌の治療が行われるようになってきました。しかしながら、癌の広がりが大きいため、乳房をすべて取らなければならないような患者さん、温存が可能であっても術後に大きな変形が予想される患者さん、また温存術後に残った乳腺に癌が再発した患者さんなどに対しては、「乳房の再建」という選択ができることは大きな意味があります。

 乳がん切除後の乳房再建手術は、健康保険の適応であり、もはや特別なものではなく、標準的な治療の一つとなっています。特に、本年よりアナトミカルタイプ(しずく型)の乳房インプラントが保険適応となり、再建を希望する患者さんも増加しております。

 当院ではこの健康保険の適応が認められるずっと以前より、「自家組織を用いた再建」、「乳房インプラントを用いた再建」のいずれも行ってきた経験があり、患者さんの希望に応じた再建方法を選択することが可能です。

乳房再建とは何を再建するの?

 失われた組織の状態は患者さんにより様々です。 残念ながら、失われた組織を元にもどすことは出来ません。その代わりに様々な方法で用いて、失われた組織の形態を出来る限り再現していきます。

 

乳房再建の流れ

1) 当院で乳がんの切除を受けられる方

  乳癌切除

再建を 希望しない

矢印横

再建なし

今回再建を選択しない場合でも後日再建をすることは可能です。
その場合は→(2)過去に乳癌の切除を受けられた方

同時に再建
希望あり

  矢印かっこ付き

A.自家組織による同時再建手術

失われた皮膚と中身を自分の組織を移植して再建します。 乳房皮膚をある程度切除しなければならない患者さんの場合には、胸に移植した部分の皮膚が見えてしまうことがあります。

*詳細は、次項の「乳房再建に用いられる手術手技 (1) 自家組織による再建」をご覧ください。

 

B.乳房インプラントによる同時再建手術

皮膚を切除しなくてもよい患者さんで、乳房の大きさが小さい患者さんなどが対象となります。

*詳細は、次項の「乳房再建に用いられる手術手技 (2) 乳房インプラントによる再建」をご覧ください。

 

C.組織拡張器(エキスパンダー)の同時挿入

失われた皮膚を補うため残った皮膚を伸ばすため、もしくは将来インプラントなどで再建するためのスペースを作成するために、シリコン製の風船のような袋を挿入します。

 ※ 外来でエキスパンダーに水を注入し、6-8ヶ月かけて皮膚を拡張します

 

≪ これ以降は、患者さんの選択(ご希望)です ≫

  矢印

自家組織による再建

表は拡張した自分の胸部の皮膚、
中身は移植した自分の組織となります。

  矢印

乳房インプラントによる再建手術

表は拡張した自分の胸部の皮膚 、
中身はシリコンインプラントとなります。

2) 他院もしくは当院で過去に乳癌の切除を受けられた方   
(他院で組織拡張器を挿入された方はC以降の選択へ)

  乳房の欠損    
  矢印かっこ付き

A.自家組織による同時再建手術

失われた皮膚と中身を自分の組織を移植して再建します。 通常、胸に移植した部分の皮膚が見えてしまいます。

*詳細は、次項の「乳房再建に用いられる手術手技 (1) 自家組織による再建」をご覧ください。 

 

B.乳房インプラントによる同時再建手術

小さい乳房の患者さんの場合、直接乳房インプラントを挿入することが可能なこともあります。

*詳細は、次項の「乳房再建に用いられる手術手技 (2) 乳房インプラントによる再建」をご覧ください。

 

C.組織拡張器(エキスパンダー)の同時挿入

失われた皮膚を補うため残った皮膚を伸ばすため、もしくは将来インプラントなどで再建するためのスペースを作成するために、シリコン製の風船のような袋を挿入します。

 ※ 外来でエキスパンダーに水を注入し、6-8ヶ月かけて皮膚を拡張します

  ≪ これ以降は、患者さんの選択(ご希望)です ≫
  矢印

自家組織による再建

表は拡張した自分の胸部の皮膚 、
中身は移植した自分の組織となります。

  矢印

乳房インプラントによる再建手術

表は拡張した自分の胸部の皮膚、
中身はシリコンインプラントとなります。

 

乳房の再建方法について

 乳房の再建法は大きく分けて、自家組織(皮弁)による再建と乳房インプラント(人工乳房、シリコーンバッグ・プロテーゼとも呼ばれます)による再建があります。状態によって、希望する再建法が適応とならない場合もありますので、担当医と良くご相談下さい。

手術時期によって、一次的再建(乳がん手術後すぐに行う方法=即時再建あるいは一期的再建)と二次的再建(乳がん術後しばらく時間をおく方法、二期的再建)に分かれます。

 

乳房再建に用いられる手術手技

(1) 自家組織による再建

 自家組織による再建  乳房の大きさにより、背部もしくは腹部の組織を用いることが多くなります。乳房の大きさが小さめのかたはどちらも選択出来ますが、大きめの方の場合腹部の組織を用いる必要が有ります。腹部の組織を用いる場合にはマイクロサージャリーを用いた穿通枝皮弁と従来からの有茎皮弁のいずれも当院では多く行われております。

腹直筋による乳房再建術 広背筋による乳房再建術

腹直筋皮弁による再建

広背筋皮弁による再建
 

(2) 乳房インプラントによる再建

 この手術は胸の手術のみで他の部位に傷がつかない、手術時間が短いなどの優れた利点があります。乳房インプラントは人工物ですので、人によっては硬くなること(被膜拘縮)や破損の可能性もあります。最近のインプラントは素材が改良され、仮に破損しても内部のシリコーンジェルが漏れ出し難いコヒーシブタイプのシリコーンが使われております。その際は再度入れ替えることが可能です。

 

乳房インプラントの写真1 乳房インプラントの写真2 乳房インプラント模式図
乳房インプラント(正面) 乳房インプラント(側面)
吊り下げた状態

インプラント挿入部分
(青色部分)

 

 ≪ティッシュ・エキスパンダーと乳房インプラントによる再建術症例≫
乳房インプラント症例1 乳房インプラント症例2 乳房インプラント症例3

 

ティッシュ・エキスパンダーと乳房インプラントによる再建術

  上段左:術前

  上段中:エキスパンダー挿入時

  上段右乳房インプラントの置き換え後

  下段右:乳輪・乳頭再建術後の状態

  *乳頭の色は、タトゥ(刺青)によって修正します

 

乳房インプラント症例4

 

(3) 乳輪乳頭の再建や修正手術、脂肪注入

 乳輪乳頭の再建には様々な方法があります。患者さんの形態に合わせて提案させていただきます。また、更に整容性を高めたいという方に対しては脂肪注入などの手技を用いた修正手術も行っております。また、健康な方の乳房形態を整える手術(大きくする、小さくする、持ち上げるなど)も行っております。

 

当院での取り組み  

 自家組織による再建は古くから行われており、ある程度完成された手術となります。

 インプラントを用いた再建では残された皮膚の厚みとインプラントの形状により再建される乳房形態に限界がありましたが、脂肪注入をはじめとする様々な手技を併用することでインプラントの欠点を補うための対応を行っております。また、かつてインプラントでは下垂した乳房の作成は困難であるとされてきましたが、この点に関しても最大限下垂感を表現できるよう作成しています。また、近年乳癌の切除においても乳輪乳頭を温存できる術式が広まっております。しかしながらインプラントを用いた再建では残された乳輪乳頭の位置が左右で吊り合わないこともよく知られておりました。これについても原因を解明し、対策を行っております。

 乳房再建の希望がある、または考えてみたいと思われる患者さんは、乳がん手術の前に乳腺外科の担当医師にそのことを相談されるのがよいでしょう。

 

  乳房再建を希望される患者さんの多くは気がねなく旅行にいったり、温泉に入ったり、スポーツをしたり、胸の開いた洋服をきたいと考えて決心される方がほとんどです。ひとりで思い悩まないでぜひ形成外科医にご相談ください。なお、乳がんの治療と再建はまったく別のものですから、必ず、乳腺外科で乳がんの定期検診を受けられるようお勧めします。

 

当院での再建患者数の推移

 乳房再建への関心の拡大とともに再建を希望する患者さんは増えています。

杏林大学病院形成外科での再建患者数の推移

 

 

このページの最初に戻る

杏林大学医学部 形成外科・美容外科のトップページへ戻ります

形成外科についてのご説明

杏林の形成外科の特徴

受診にあたって

 

形成外科レジデント募集


杏林大学医学部
形成外科・美容外科

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL:0422-47-5511(代表)
FAX:0422-46-6138(医局)