スタッフ紹介

波利井教授写真

主任教授  波利井 清紀 (はりい きよのり)

1967年、東京大学卒業

前東京大学 医学部・大学院 形成外科学講座 教授 東京大学 名誉教授

2003年5月より杏林大学形成外科教授として赴任。マイクロサージャリーのパイオニアとして世界的知名度を誇る。国際形成外科学会、国際マイクロサージャリー学会、日本形成外科学会ほか、国内外の多数の学会を主催。各種学会名誉会員多数。

多久嶋准教授写真

教授 多久嶋 亮彦 (たくしま あきひこ)

1986年、熊本大学卒業

日本形成外科学会専門医

日本形成外科学会評議員、日本頭頸部癌学会評議員

専門: マイクロサージャリー、頭頸部再建、顔面神経麻痺、乳房再建など

 

平野准教授写真

甲状腺外科教授 平野 浩一 (ひらの こういち)

1984年、慶應大学卒業

日本耳鼻科学会専門医、 日本頭頸部癌学会評議員

日本癌治療認定医機構暫定教育医

日本頭頸部外科学会暫定指導医

専門: 頭頸部腫瘍(がん)外科、甲状腺外科、耳下腺腫瘍など

 

大浦講師准教授

教授 大浦 紀彦 (おおうら のりひこ)

1990年、日本大学卒業

日本形成外科学会専門医、 日本褥瘡学会評議員

専門: 褥瘡治療、熱傷、重症虚血肢の治療・フットケアなど

尾崎助教(医局長)写真

准教授 尾崎 峰 (おざき みね)

2000年、東京医科歯科大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門: 顔面骨折や顔面変形などの頭蓋顎顔面外科、血管奇形など

 

菅

講師 菅 浩隆 (すが ひろたか)

2000年、東京大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:乳房再建、眼瞼下垂症、ケロイドなど

成田

助教(医局長) 成田 圭吾 (なりた けいご)

2002年、東京大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:頭頸部再建、再建外科など

助教 白石 知大 (しらいし ともひろ)

2003年、東京大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:乳房再建、手の外傷など

助教 倉地 功 (くらち いさお)

2004年、杏林大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:形成外科一般

助教 山下 雄太郎 (やました ゆうたろう)

2005年、徳島大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:熱傷、褥瘡、難治性潰瘍など

助教 藤木 政英 (ふじき まさひで)

2006年、九州大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:血管腫・血管奇形、再建外科など

助教 佐藤 大介 (さとう だいすけ)

2008年、鳥取大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:形成外科一般

助教 岩科 裕己 (いわしな ゆうき)

2008年、京都府立医科大学卒業

日本形成外科学会専門医

専門:血管腫・血管奇形、手の外傷など

(平成28年4月1日現在)

 

形成外科非常勤講師のご紹介 (平成28年度)

氏名

本務所属および職名

専門

菅原康志

自治医科大学客員教授

クラニオフェイシャルサージャリー

三鍋俊春

埼玉医科大学総合医療センター
形成外科・美容外科 教授

乳房再建

吉村浩太郎

自治医科大学 形成外科 教授

美容外科、再生医療

百澤明

山梨大学医学部 形成外科 准教授

レーザー・アンチエイジング

加地展之

法典クリニック 院長

血管腫・血管奇形

福岡大太朗

桜花クリニック 院長

美容外科、再生医療

 

【お願い】
上記のスタッフ(講師以上)および非常勤講師のほかに、助教、医員、レジデントなどの多数の医師が診療にあたっております。
当病院は医学部附属病院ですので、学生および若い医師の教育も同時に行っております。
皆様からご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

このページの最初に戻る

杏林大学医学部 形成外科・美容外科のトップページへ戻ります

形成外科についてのご説明

杏林の形成外科の特徴

受診にあたって

 

形成外科レジデント募集


杏林大学医学部
形成外科・美容外科

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL:0422-47-5511(代表)
FAX:0422-46-6138(医局)